首のイボを治療しないで消したしまう方法とは?!

気になる首のイボを病院で切ったりなどの治療ナシに消してしまう方法・・・、
それは、出来る限り【角質ケア】に特化した、しかも売上実績があって評判がそこそこ良いジェル系・オイル系などの塗りものを使用することです!

 

首は基本的に一年中、人の目に入る部分ですから、イボ程度なら隠したりもできますけど、やっぱりイボなど気にしないでオシャレを楽しみたいですものね!

 

それに、やっぱり首にイボがあるとどうしても年を取って見られるのもイヤですしね。

 

 

【角質ケア】に特化したジェル系・オイル系などの塗りものは、肌のターンオーバーなどを正常な働きにして結果、イボなどが消えてしまうというスタンスですから、多少時間がかかりますが、イボ跡は残らず、キレイに消してくれます。

 

また、イボが完全に消えなくても、効果が表れてくると目立たなくなってきますから、その程度まででしたら多くの方がそんなに期間はかからないと思います。

 

 

下記に出来る限り【角質ケア】に特化した、しかも売上実績があって評判が良いジェル系・オイル系などの塗りものおススメをご紹介します。

 

限定商品も含まれていますから要チェックです!!!

 

 

 

艶つや習慣

艶つや習慣

 

WEB限定商品! 販売累計はダントツの50万個突破!!!
大容量の120g!全身に使えるので家族で使えます!
★女性だけでなく男性の愛用者も!
★ポロリ成分のアンズ・ハトムギ配合
★自宅で簡単毎日使えるオールインワンゲル

 

艶つや習慣公式HP

http://www.aqua-b.jp/

 

 

 

ぽろぽろとれる杏ジェル

ぽろぽろとれる杏ジェル

 

★たまった角質を除去してくれるピーリングジェル
目安は週に2〜3回だから忙しい方にもおススメ!
★古い角質を除去してくれるので基礎化粧品の浸透しやすくなる!
★毛穴汚れや黒ずみを目立たなくする効果が期待できる!
★足のニオイなどにも!

 

ぽろぽろとれる杏ジェル公式HP

http://www.fraijeu.com/

 

 

 

シルキースワン SILKY SWAN

シルキースワン SILKY SWAN

 

★角質ケアと保湿ケアの美容ジェルクリーム
首いぼ、老人性いぼ、スキンタッグ、アクロコルドンなどのポツポツ解決策に!
★もちろん首や顔以外にも使用出来ます!
★ハトムギ種子エキスとヨクイニンエキスのダブルヨクイニンパワー!
★成分に定評があります!

 

シルキースワン SILKY SWAN公式HP

http://hoconico.com/

 

 

 

アンミオイル anmioil

アンミオイル anmioil

 

杏仁オイルのパルミトレイン酸が70%配合!
★女性だけでなく男性愛用者も多い!
初めての方限定でトライアルセットあり!(WEB限定)
★比較的安価で満足度が高い事が大きな特徴
★全額返金制度あり!

 

アンミオイル anmioil公式HP

http://zealandbifu.com/

 

 

 

 

 

気になる首のイボをキレイにしたい!

デコルテのイボを消したい!

 

首にできてしまったイボは第三者は正直あまり気にはならないかと思いますが本人は毎日鏡で見て、手で触って確認し、と、首のイボはどうしても気になってしまうものです。

 

首のイボが気になるからと言って、むやみやたらに自分で処置してしまうとイボが他の場所に転移してしまったりする可能性もありますので、つまり、うつる、と、いう意味です、きちんとイボ専用のケア製品をしようするか、皮膚科などに診てもらったりするようにしましょう。

 

首にできるイボは多くの場合指でもって若干伸びるものが多いと思います。

 

肌と同じ色かほくろのような色でしょうか。医師は大抵医療用のハサミでチョキンと切って診察終了です。

 

次回同じような場所に同じようなイボがでてしまった場合も手持ちのハサミをきれいに消毒し、自分で、または家族にお願いし根元からイボをハサミでチョキンと切ってしまうよう指示されます。

 

特に痛みは感じません。

 

首のイボと手との距離で自分で切るのが難しい場合は第三者、またはまたお金はかかってしまいますが皮膚科で切ってもらいましょう。

 

これが一番簡単な取り方です。

 

首は皮膚がやわらかく薄いのでよほどのことがない限りイボをレーザーでやいて、やけどのように水ぶくれができてしまうような方法やイボに液体窒素をつけて、同じくその部分がはがれるまで待つ、と、いうことはしないでしょう。

 

首のイボは、切るだけでも大分効果はあります。

 

イボの根元にはまだ根っこが残っているわけですが最初に受診した時のようなイボにはならないはずです。

 

医師は特段ハサミで切ったあと、クリームなどを処方しません。

 

処置としては初級レベルのものなのでしょう。ご自身がきになるようでしたら、イボがあった患部だけではなく、首全体に保湿クリームを塗り、首や顔を保湿し一日ありがとう、と労わってあげましょう。

 

イボができるのはその人の体質、以前で受け継いでいるものなど様々です。

 

自分のDNAは変えることができないので、イボができてしまったらこうするんだ、できないように一年中こうしておこう、と、自身の首の肌質についていろいろクリームなどを試しておくとよいでしょう。

 

 

 

 

 

老人イボはエイジングケアをしないと誰でも出来てしまうものです

老人イボは誰でも出来る可能性があり、加齢に伴い増える傾向がある皮膚の良性腫瘍です。

 

正確には脂漏性角化症といわれるもので、老人イボは主に高齢者に出来るものですが、皮膚の老化が進めば20代・30代あたりから老人イボが増え始める人もいます。

 

皮膚を老化させてしまう主な原因は紫外線で、外での活動が多い人やドライバーなど紫外線を受けやすい状況にあるのに、何の紫外線対策も行っていなかった人は老人イボが多く出来てしまう傾向があります。

 

紫外線の刺激を受けて、本来肌を守る役割があるメラニン色素がつくられ、紫外線が肌の奥深くまで届くことがないように、メラニン色素が防ぐ役割を担ってくれます。

 

肌の奥でできたメラニン色素は、皮膚の代謝が進むに連れて肌表面に上がってきて、通常は垢などとともに排出されてなくなりますが、代謝がうまくいっていなかったり、頻繁に紫外線の刺激を受けることで蓄積してシミとして残る事があります。
この代謝がスムーズにいっていない部分に古い角質が残り、ザラザラとして硬く残るのが脂漏性角化症、つまり老人イボなのです。

 

メラニン色素が伴わないブツブツとして出来る場合もありますが、老人イボの出来る原因がメラニン色素の発生する仕組みと同じ紫外線であるため、淡褐色から黒色っぽくなっていることが多いです。

 

老人イボと似ていても黒色が強く光沢があって不格好な場合、皮膚がんの可能性があるため皮膚科で見てもらう必要があります。

 

皮膚がんの場合はイボを拡大してみるだけで、がんかどうか判断できる場合が多くなります。

 

老人イボは放置しても問題がないですが、次第に大きくなっていく人も多いため、顔などの目立つ部分に老人イボできた場合、除去してしまう方法があります。

 

メスを使わなくても炭酸ガスレーザー治療で、殆ど目立たなくすることが可能です。

 

老人イボを一度取り除いてもケアを怠ればまたイボが出来てしまう事があって、紫外線対策として日焼け止めや、帽子・日傘を使ったり、ビタミンCの補給、スキンケアで古い角質を残さない、栄養を十分にとって代謝を活発にさせると、イボ発生を少なくしたり予防になります。"

 

 

 

レーザーによるイボ治療のメリットとデメリット

現在イボ治療の最先端とされているのがレーザーを使ったイボ切除法です。

 

これまでは液体窒素によってイボのある患部を冷却してから切除する治療が主流でしたが、このレーザー治療は治療時の痛みが少なく、また仕上がりとしても違和感が無いものになるために全国の皮膚科や美容クリニックで取り入れられるイボ切除治療法となっています。

 

ではこのレーザーによるイボの治療にはどういったメリットがあるのかというと、これは先ほど挙げた患者への負担の少なさと仕上がり、そして通院回数が少なくて済むということが挙げられます。

 

かつてからある液体窒素を使ったイボ切除治療は一度の通院で完了させる事が難しく、ほとんどの場合数回の通院によって段階的にイボ切除治療をしていく他ありませんでした。

 

ですがレーザーによる治療であれば1回ないし2回の通院を行えば大半がイボ切除できるため、患者の手間ということでは非常に大きなメリットがあります。

 

またレーザーは皮膚を焼き切る治療であるために痛みを心配する人が多いですが、これについても局所麻酔が行われた上で治療が行われるためにほとんど気になることはありません。

 

むしろ液体窒素による治療の方が痛みが強いとする意見も多いですから、痛みに弱い人であればなおのこと大きなメリットがあると言えるでしょう。

 

 

では逆にレーザーによるイボの治療のデメリットとしては何があるのかというと、まず注意しなくてはならないのが治療費負担の高さです。

 

液体窒素によるイボ治療は大半の皮膚科で保険を適用することができるのに対し、レーザー治療についてはまだ保険適用外となる皮膚科が大半を占めています。

 

自由診療として扱われている以上、価格については三割負担で済む保険適用の液体窒素治療と比べればかなり高くつくことになるでしょう。

 

特に自由診療は医療機関がそれぞれ独自に価格を設定できるために事前の価格の比較が必要になり、本来であれば不要な手間が生じることは否めません。

 

とは言えレーザーによるイボ切除治療にはレーザーにしかないメリットが多くあるのも事実ですから、先に述べたメリットが大きいと感じられるのであれば選択するべきでしょう。

 

 

首に出来たイボ・・・アクロコルドン?

デコルテのイボを消したい!

 

年を重ねると首に小さいイボが出来ることがあります。また肥満の方も同様です。

 

主に30代から首のイボの発症率が上がる場合のが特徴になります。

 

首のイボが柔らかい物であればアクロコルドンの疑いがあります。

 

このアクロコルドンは良性腫瘍なので治療は必要がないのですが、そのイボを擦ったりすると炎症が起きるため注意が必要です。

 

うっかりイボを擦ってしまい、炎症が起きた場合や美容面で悩むのであれば皮膚科の受診をお勧めします。

 

イボの治療方法は3つあり、保険の適用を考える場合は液体窒素を利用したイボ治療になります。

 

液体窒素が首にあるイボを凍結させる方法ですが治療には時間と痛みが伴います。液体窒素で低温火傷を起こすのでカサブタが出来るまで長くて3週間ほど時間が必要です。

 

1回の診療で1ヵ所しか治療が出来ませんのでイボ治療の完治まで時間が必要になります。

 

次は手術することです。イボを局部麻酔して切除していく方法ですがイボ切除後に一時的に傷が残ります。

 

しかし軟膏を術後から使用するため傷跡は消えることが多く、赤い部分も消えていくので大丈夫です。

 

最後は美容内科や美容皮膚科などでレーザー治療を受けることです。

 

レーザー治療には健康保険の適用が出来る場合と出来ない場合とあります。

 

アクロコルドンの場合は1ヵ所が小さいため施術費は安いですが、通院の回数が多いので場合によっては割引できるプランに入ることが節約になります。

 

アクロコルドンは女性が発症する場合が多いので治療の場合は最初から美容系の医療機関を受診される方が多いです。

 

受診の際に担当医に相談することが大切になります。

 

 

悪性腫瘍ではないのでアクロコルドンであることが受診等でわかった場合は市販のイボ専用のケア化粧品で自宅での治療ができます。

 

インターネットでは2000円ぐらいから8000円ぐらいまでイボ専用のケア化粧品が販売されています。

 

それぞれ特徴が異なりますので説明文を読まれて購入されることが大切になります。

 

多くはイボに治療の有効な成分で配合されてますが完治や緩和は病院の通院より遅くなることもありますが、忙しい方や治療はちょっと怖いといった方にはおススメの首のイボを消す方法です。

 

 

 

 

 

軟性繊維腫と呼ばれるイボ

おさるさん・・・

首にイボが出来ると、見た目も悪く、触れたときに不快な感じがするので、取り除いてしまいたいと考えている方があれば、まずはイボ専用のケア製品を使ってみる事が一番のおススメですが、皮膚科で治療を受けることもおすすめの一つです。

 

首イボの多くは軟性繊維腫(スキンタッグ)と呼ばれるもので、サイズは1〜3mm程度で、色は褐色、やや隆起しているのが特徴ですが、良性の皮膚腫瘍なので感染の心配はありません。

 

そのような首イボでしたら、放置していても特に問題はないのですが、洋服やマフラーなどでこすれると、炎症を起こしやすいですし、加齢によりイボが増えたり、大きくなったりしますから、若い頃は小さくても、年を重ねるとイボが目立つようになります。

 

軟性繊維腫が気になる人は、まずはイボ専用のケア製品を使ってみる事が一番のおススメですが、皮膚科などの医療機関へ行って、手術で切除したり、液体窒素やCO2レーザーを使い、物理的に取り除く方法も考えてみるのもいいと思います。

 

 

イボを手術で切除する場合は、イボの状態を詳しく検査し、良性腫瘍か悪性腫瘍かを判断してから、実際に取り除くことになります。

 

イボを切除する手術は特に難しい手術ではなく、30分程度で終わるものですし、入院の必要もないので、誰でも気軽に受けられます。

 

 

液体窒素(冷凍凝固術)で取り除く場合は、-196度で瞬間冷却し、皮膚の細胞を焼き落とします。

 

数が多いと、一度にはなくせないので、3回程度は通う必要がありますが、数が少ない場合は1回の治療で、すべてのイボをなくせるといわれています。

 

 

CO2レーザーは、イボ以外にもほくろも除去できる医療用レーザーのことで、炭酸ガスレーザーとも呼ばれます。

 

イボやほくろに熱エネルギーを与えて蒸散し、細胞から破壊して取り除くことが出来ます。

 

CO2レーザーを照射されると、皮膚が軽い火傷状態になりますから、術後は冷たいタオルや冷却材で冷やさなければなりません。

 

皮膚が乾燥すると、肌荒れしやすくなるので、こまめにローションや美容液を塗るなどして、うるおいを与えることも必要です。

 

どの方法でイボ治療したらいいかについては、皮膚科のお医者さんと話し合ってから決めるようにしてくださいね。